Panizzaパニッツァとは

Panizza(パニッツァ)とは

イタリア・トスカーナ地方を居を構えるPanizzaパニッツァは、1879年の創業以来、熟練の技術と華麗なデザインでイタリアン・ハットのトップ・ブランドとして国内外に名を馳せています。パニッツァ家とガンバ家、二つの家族からなるこのファミリー企業は15代目を迎え、現在も創業者の子孫が19世紀後半から続くクラフトマン・シップを継承し、伝統と革新をもって世界中のファッション業界を魅了し続けています。

Panizzaパニッツァの歴史

1879年 ― Panizzaパニッツァの創業

創立初期のPanizza(パニッツァ)

Panizzaパニッツァはマッジョーレ湖のほとりに佇む小さな帽子工場からスタートした。

Panizzaパニッツァの歴史を語るには、まず135年の時間を遡り、マッジョーレ湖のほとりに到達しなければなりません。

19世紀末期、好景気の続いた経済のおかげで帽子産業は世界中で栄え、特にベルバノ地方の帽子業者は大きな繁栄を見せていました。


ジョバンニ・パニッツァ

創立者ジョバンニ・パニッツァ。

少年時代からイタリアン・ハットの工場で経験を積み熟練の技術を習得していたジョバンニ・パニッツァは、ピエモンテ州ギッファ県に住むナターレ・ガンバ、アントニオ・フェリの二人と組んで、1879年にPanizzaパニッツァを創業しました。

Panizzaパニッツァは誰もが「小さな工場」と定義するような存在から、瞬く間に世界で最も有名な帽子工場の座へと駆け上がります。
Panizzaパニッツァの成功には二つの大きな要因がありました。一つは確かな技術力、そしてもう一つは海外市場で勝ち抜く聡明な直観力です。

Panizza(パニッツァ)の工場

Panizzaパニッツァは世界で最も有名な帽子工場に成長する。

やがてジョバンニ・パニッツァが引退を決めたとき、彼は新しい株主とコンパーニ氏との共同経営会社に運営を引き渡しました。

経営陣の中には、都市ビエラ出身で叩き上げのナターレ・ガンバが参加していました。ナターレの父ガンバも、同郷の友であるジョバンニ・パニッツァの帽子職人であり、やり手の経営者として会社に加わりました。

時は1897年。パニッツァ家とガンバ家、2つの家族がとうとう一つになったのです。

1905年 ― Panizzaパニッツァの転換期

Panizza(パニッツァ)の工場

風光明媚なマッジョーレ湖から望むPanizzaパニッツァの工場。

1905年は会社にとって変化の年でした。

当初のパートナーの死や退職などがあり、ナターレ・ガンバと創業者の甥ルイージ・パニッツァが実権を握って残ることとなります。以後1960年代初頭までは、父親から息子へと受け継ぐ形で帽子工場を管理していました。

1930年、ルイージ・パニッツァは息子ジョヴァンニ・パニッツァを指導し、一方でボッコーニ大学の最初の卒業生の一人であった若いアントニオ・ガンバが、彼の見習いを始めました。ナターレ・ガンバは、アントニオ・ガンバだけでなく、エンジニアであった彼の弟フェデリコにも活躍の場を残し、1936年に死亡しました。

Panizza(パニッツァ)の工場

Panizzaパニッツァは順調に事業を拡大してゆく。

新世代の若者達が自らの力をもって新しいアイディアを切り拓いてゆくのに、長い時間はかかりませんでした。
アントニオ・ガンバとジョバンニ・パニッツァが経営、フェデリコ・ガンバが生産管理を統括し、会社は収益性を高め成功を収めます。

1952年になると24万個もの帽子を生産し、そのうちの40%を輸出します。この年はPanizzaパニッツァにとって黄金の年でした。

Panizza(パニッツァ)の古いロゴ

Panizzaパニッツァは世界を股にかけるイタリアン・ハット・ブランドへと成長を遂げた。

1954年にルイージ・パニッツァが死亡し、帽子工場はアントニオとフェデリコのガンバ一族が筆頭となります。

先見の明があったアントニオ・ガンバは、海外市場の重要性を見出し、米国で新たな機会を模索しました。

結果、米国の帽子会社 Hat Corporation of America と、欧州15か国でブランドの生産販売契約を結び、1959年に生産が始まりました。

以来、Panizzaパニッツァは1971年までガンバ一族が舵を取って運営することとなります。

1972年に再び転機が訪れます。
当時のPanizzaパニッツァは、アントニオ・ガンバ、ピエロ・チェッレッティ、技術協力に興味を参加していたヨハネスブルグのドリアン帽子株式会社のアンドレアノ・ネグラの三者によって運営されていました。

アントニオ・ガンバは元々彼のポジションであった最高業務責任者の座に再び着き、アンドレアノ・ネグラは会長に任命されました。

1972年 ― 現在のPanizzaパニッツァ

ギアン・パオロ・ガンバ

創立から100年後、Panizzaパニッツァはモンテヴァルキに移転して新しい体制を整える。

創立から1世紀後の1981年、Panizzaパニッツァの歴史的な工場は閉鎖を決め、モンテヴァルキのファルカス帽子工場に生産を移転しました。

モンテヴァルキは小さな町でありながら、工場やクラフトで有名な地として知られています。
ファルカス帽子工場は、著名なフェルトハットメーカー・ロッシ帽子工場で職工長を勤めたファルコ・マグナイが、ギウリオ・ファルシオーニと共に1959年創設した工場でした。

ファルカス帽子工場は、この地方の伝統に従って、フィレンツェの麦わらを使った帽子生産を開始し、最終的には織物帽子の自社生産も手掛けるようになります。

現在のPanizza(パニッツァ)のロゴマーク

ファルカス社とPanizzaパニッツァが手を取り合い、現在の形態が成立。以来Panizzaパニッツァの帽子は、モンテヴァルキにあるファルカス帽子工場で生産されている。

ファルカス社はとても信頼できるパートナーで、Panizzaパニッツァとは長年の良き友人でした。クラシックなフェルトハットの展開を望んでいたファルカス社と、大規模生産のコストに悩むPanizzaパニッツァは、お互いを探し求めていたかのごとく一緒になりました。

これに伴い、両者間でライセンス契約が成立。ここにファルカス社のブランド・Panizzaパニッツァとして現在の形態が完成します。最終的には、20年間ファルカス社との関係をマネジメントしていたギアン・パオロ・ガンバが代表となりました。

旧工場

旧工場は現在、帽子博物館として活躍している。

この時、Panizzaパニッツァの古い工場に深い愛着を持っていたアントニオ・ガンバは、解体や改装を良しとせず、ブランドの歴史的遺産を守るため、帽子博物館として工場を転用します。

マッジョーレ湖のほとりに佇む風光明媚なこの旧工場は、ヨットクラブとしても活用されています。


ローラ・ガンバ

若き代表ローラ・ガンバとPanizzaパニッツァは先進を続ける。

今日のPanizzaパニッツァは、若いローラ・ガンバが筆頭となり、世界で最も認知されたイタリアン・ハット・ブランドの一つという大きな自負を抱き、未来に向かうバトンを受け継いでいます。

Panizzaパニッツァの歴史が育む卓越したスキルとクラフトマン・シップ、秀でた先見の明は、余すところなく後継者たちに伝承され、ブランドの名に恥じない高品質でファッショナブルな帽子を生み出し続けています。

Panizzaパニッツァの帽子博物館について

旧工場を転用したブランドの歴史的遺産、帽子博物館

帽子博物館

1981年、マッジョーレ湖の湖畔にあるPanizzaパニッツァの歴史的な工場は、移転を機に館長にアントニオ・ガンバ氏を迎え、帽子博物館として生まれ変わりました。

Panizzaパニッツァの知識と情熱を伝えるために設立された博物館では、文書、機械と様々なコレクションが展示されており、時空を越えて帽子の進化と歴史を知ることができる、文化的にも重要な場所となっています。

帽子博物館

帽子博物館は、Panizzaパニッツァの初代工場を保存するだけでなく、イタリアの帽子業界にとっても完璧な歴史を維持し伝えていく役目を担っています。
色々な企画展やワークショップも開催されており、博物館での一日は、イタリアン・ハットとPanizzaパニッツァの持つ優雅さを経験することができます。

入館料は無料で、夏は毎日開館、冬は予約制となっています。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

Panizzaパニッツァギャラリー

Panizzaパニッツァ・コレクション

  • Panizza(パニッツァ)・コレクション
  • Panizza(パニッツァ)・コレクション
  • Panizza(パニッツァ)・コレクション
  • Panizza(パニッツァ)・コレクション
  • Panizza(パニッツァ)・コレクション
  • Panizza(パニッツァ)・コレクション

Panizzaパニッツァの帽子博物館

  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館
  • Panizza(パニッツァ)の帽子博物館

Panizzaパニッツァ・ヒストリー ― 古き良き時代と広告

  • 古き良き時代
  • 古き良き時代
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告
  • 古き良き広告

旅するパナマハット by Panizzaパニッツァ

  • 旅するパナマハット
  • 旅するパナマハット
  • 旅するパナマハット
  • 旅するパナマハット
  • 旅するパナマハット
  • 旅するパナマハット
  • 旅するパナマハット
  • 旅するパナマハット

Panizzaパニッツァのスタッフたち

  • スタッフ
  • スタッフ
  • スタッフ
  • スタッフ
  • スタッフ
  • スタッフ
  • スタッフ
  • スタッフ
  • スタッフ
  • スタッフ
  • スタッフ
  • スタッフ

日本唯一のPanizzaパニッツァ専門店

Panizza(パニッツァ)

創立1879年以来、最高級のイタリアン・ハットを生産し続けるトップ・ブランドPanizzaパニッツァ

創立者ジョバンニ・パニッツァの類まれなる才能は、彼の友人やパートナーのナタリー・ガンバを始め、その子、孫、ひ孫と、今日まで順調に引き継がれてきました。100年以上にも渡る努力を積み重ねた結果の職人技と生産技術は、現在でもPanizzaパニッツァの大きな誇りとなっています。

Panizzaパニッツァは、人々の頭に優雅さと豪華さを与えたいと考え、また、「帽子」と言う言葉は「スタイル」と同義語として考えています。衣服としての伝統と着用感、ファッション性を大切にすることによって、国内外の最新ファッション業界を魅了し、主導的な役割を果たしてきました。

当店は、イタリアから厳選して直輸入したPanizzaパニッツァの帽子を皆様にご紹介する、日本初のPanizzaパニッツァ専門店です。

世界を駆け巡るイタリアの歴史において、Panizzaパニッツァの帽子は小さな宝石であり、最先端のアトリエで製作された全てが傑作です。匠の手によって愛情と技術を込めて作られたPanizzaパニッツァのイタリアン・ハットを、ぜひご自身の目でお確かめください。